ワオワオ

WOWOW今すぐ加入で見放題

MENU

先日テレビで見た、育児を楽しむ男の人「イクメン」。その中に、離乳食が始まった赤ちゃんのために、天然の味を覚えさせたいからと、昆布とかつおできちんとだしをとって、冷凍してくれるというパパさんがいました。「ええーっ!そこまで〜?」と思いましたが、そのパパさん、実は料理人だったんですね。それなら納得です。うちの子の友達で、お弁当はお父さんが作ってくれるという子がいて、その子のパパも料理人です。その子のパパは子ども会の集まりに、ケーキを作ってくれたりして、それが普通にケーキ屋さんで売っているようなケーキだったので、まさかパパの手作りだったとは、みんな驚愕したものです。うちのダンナは全然料理をしないので、本当にうらやましい。子どもがまだ離乳食を食べていた頃、私が出かけなければならなかった時は、レトルトの離乳食を準備しておいたものです。実家の父も、全く料理をしない人だったので、まだ私が小さかった時、母が風邪をひいて寝込んでしまい、何か食べるものを買ってきて欲しいと頼んだら、辛子なすを買ってきて、母はあきれてしまったというエピソードもあります。子どもの食べるものなんて、全然考えてないんだから!と憤慨していました。ま、離乳食まで作れなくてもいいけれど、一応子どもでも食べられそうなものを考えて欲しいものです(笑)これからの男子は料理や育児もできるようにならないといけませんね。息子もちゃんと教育しておかねば・・・。